5千円以上お買い上げの場合、送料無料

カート
0

FAQ

FAQのページへようこそ。ここでは、よくある質問と回答を掲載しています。ここに掲載されていない内容については、support@modernity.jp までご連絡いただくか、サポートページをご覧ください。

briivの使用頻度はどれくらいですか?
briivの運転時間や部屋の空気を循環させる頻度については、置いてある環境によって異なります。窓やドアを閉め切った寝室のように、あまり空気が変化しない空間では、空気がよどんだり、微粒子が気になることは少ないので、1日に1回「フルパス」すれば十分です。例えば、台所にbriivがあり、1日に何度も料理したり、ペットが走り回ったりして、気になる場合は、1日1回よりももう少し頻繁にbriivを動かす必要があります。

「フルパス」とは、” 部屋の中の空気をすべて吸い込み、きれいできた ”という意味です。例えば、6m×6mの部屋で計測した場合、フルパワー(レベル4)でbriivは1時間、レベル3では2時間程度で完了します。レベル2なら約4時間、レベル1なら約6時間です。そのため、設置場所や環境によって、運転回数を増やす、または減らす必要がありますが、より安定した高品質の空気を確保するために、1日に最低1回はフルパスすることをお勧めします。

スピードの使い分けを紹介した動画はこちらです。
フィルターが余った場合、どのように保管すればよいですか?
フィルターの保管は、乾燥した涼しい場所での保管をおすすめします。箱のままでも2~3年は問題なく使用できるので、ご安心ください。
コケフィルターにホコリが溜まっている場合はどうしたらいいですか?
コケフィルターは、ホコリが大気中に浮遊するのを防いでくれるため、フィルターにホコリが溜まります。長期間使用すると、コケフィルター自体の交換が必要になりますが、その前に、コケを少し手入れする方法もあります。ガラスドームから苔をゆっくりと取り出し、ティッシュか手で周りに付着しているホコリを取り除きます。その後、キレイに手を洗い、苔をガラスドームに戻します。
フィルターは生分解性ですか?
当社のフィルターは堆肥化可能ですが、ご自身で栽培される食品の堆肥として使用することはおすすめしません。しかし、堆肥化可能なフィルターであるため、どのような方法で廃棄しても、環境に害を与えることはありません。
briivは電池が必要ですか?
briivに電池は必要ありません。briivは、5VのUSB接続で使用できます。
briivはPC/携帯電話から充電できますか?
briivは5VのUSB接続で動作し、電源、パソコンへの接続が可能です。また、配線を最小限にしたい場合はパワーバンクでも動作します。
湿度/温度/空気中のCO2量は性能にどのように影響しますか?(例えば7人が集まっている空間を想定)
空気中の有害なVOCや粒子を捕捉しているだけなので、どれもbriivの性能には影響しません。また、室内のCO2濃度を下げることはできないため、全く別の濾過方法となります。しかし、(航空機のように)密閉されていない通常の住居では、CO2の蓄積は通常問題にはなりません。
コケフィルターは、水やりや餌やり、洗浄が必要ですか?
水と接触させることは、コケの堆肥化プロセスを開始させることになるので、おすすすめできません。ハナゴケは、梱包し出荷する前に、天然のグリセロールで処理され、その活力と弾力性を保持しています。
「大気の質を改善する」とは、どういうことですか?どのような測定を伴うのでしょうか?
これは、標準的なCADR(Clean Air Delivery Rate)テストに沿って、部屋の空気がフィルターを通って完全に循環するのにかかる時間です。私たちが「空気の質を改善する」と言ったのは、部屋ごとに微粒子数が異なるため、これが最も公平な表現方法であり、一部の他社が行うような誤った主張をしたくなかったからです。改善効果は、最初の部屋の汚染度がどのくらい高いかによります。例えば、部屋の空気が、150/100 ug/m3カウントの非常に高い微粒子数でスタートした場合、削減効果は、例えば、2.5ug/m3の非常に低い微粒子数をすでに持つ部屋よりもずっと高くなるでしょう。Briivは、最大設定で毎分約53立方フィートの浄化された清浄な空気を供給します。
窓や気流によって部屋の空気の循環がある場合、どの程度効率が良いのでしょうか?
他のエアフィルターと同様に、窓を開けたままbriivを使用することは、外気を浄化することになるためお勧めできません。
briivはイオナイザーやオゾンを発生させるのですか?
briivはイオナイザーを使用せず、オゾンも発生させません。
briivの音はどれくらいですか?
briivは、静かなオフィスに相当する約45dBを実現しています。
briivはニオイに対しても効果を発揮しますか?
はい、タバコ、ペットのニオイ、玄関の靴ニオイなどにも対応しています。
briivのカーボンナノフィルターの活性炭の成分が様々なニオイに対して効果を発揮します。
→ イギリス本社インスタグラムの試験映像 : https://www.instagram.com/p/CUxheBIIfl9/
briivのお手入れ方法を教えてください。
briivを掃除する必要がある場合、電源からプラグを抜き、必要と思われる場合は家庭用ガラスクリーナーでガラスを掃除してください。briivの他の部分を掃除する必要はありません。
briivのエネルギー効率は?
briivはUSB経由で低電力(わずか5V)で動作します。1年間の電気代の目安は約100円です。
リサイクルに関する方針を教えてください。
briivでは、現在の産業規模で可能な限りのリサイクル素材や循環型の素材を使用しています。将来的には、循環型の素材を使用する工場やサプライヤーが増え、最終的にはbriivが100%サステイナブルであることを目指したいと考えています。
フィルターの寿命は?
コケとココナッツのフィルターは1年、シルクのフィルターは、3ヶ月の使用に耐えられます。
1. コケフィルター(1年間)
2. ココナッツフィルター(1年間)
3. Matrixフィルター(3ヶ月)
briivはどのくらいの広さの部屋をカバーするのでしょうか?
briivは6m×6mの部屋の空気を1時間で完全に清浄化します。
保証規定はどのようなものですか?
briivでは、不具合や故障に対して1年間の保証を付けております。この1年保証は、材料または製造上の欠陥が見つかった製品の修理または交換に適用されます。本保証は、商業的、乱暴な使用、不当な使用、補足的な損傷から生じた損傷には適用されません。通常の使用による不具合は、本保証の製造上の不具合とはみなされません。
WiFiがなくてもbriivは使えますか?
できますが、アプリでbriivを操作することはできません。briivはタッチボタンを採用しているので、インターネットに接続していなくても動作します。
フィルターのテスト内容は具体的にどのようなものですか?
以下に、その試験内容をご紹介します。
briivは36m²(387ft²)の居住空間の空気質をわずか1時間で改善し、毎分53立方フィートの浄化された清浄な空気を供給します。

briivは、EN 1822-4の条件下で、通常負荷と高負荷の連続フローテストが実施されました。

その結果、低負荷時には1パスで78%、高負荷時には80%の空気品質が改善されました。

テストレポート全文はこちら >> テクニカルレポートへのリンク
コケの種類はなんですか?
briivに使用されているコケはレインディアモス(ハナゴケ)です。厳密にいうと地衣類 (藻類と共生する子嚢菌類)で、木の幹や岩の上生えます。時間が経っても色と質感が変化しないように、使用前にカラーリングなどの加工を施しています。
briivは何台までアプリに登録することができますか?アプリを通して何台まで稼働することができますか?
アプリを使用してbriivを起動する際の台数の制限は特にありません。
10台まで接続してテストしてみましたが問題なく起動できた検証結果がイギリス本国より報告されています。10台以上登録をして起動しても特に問題はありませんがアプリ上でリストがいっぱいになり使いづらく感じるかもしれません。
briivの効果測定は検証されていますか?
はい、下記が証明されています。
・植物3,043個分の洗浄効果があること
・PM2.5に効果を発揮することの証明(1分あたりに平均2,624.5のPM2.5を削減します)
スマートスピーカー対応とありますが、どのスマートスピーカーで使用できますか?
Alexaにのみ対応しています。英語では対応が確認できていますが、現在日本語でも対応か確認中です。
確認ができ次第こちらに詳細を掲載致します。